果たして古来はどのような方法で脱毛をしていたか

脱毛の方法は、昔に比べると随分と進歩しています。昔は、もっと原始的な方法で脱毛が行われていたからです。

そもそも脱毛は、実は歴史は意外と古いです。日本でもかなり以前から、脱毛が行われていました。古くは平安時代から、その施術などが行われていたのです。

まず平安時代の場合は、いわゆる毛抜きが採用されていました。毛抜きというのは、その名前の通り毛を引っこ抜く事です。とてもシンプルな方法なのですが、主に平安貴族の方々がそれを行っている事が多かったのです。

ところが毛抜きには、致命的なデメリットが1つあります。やや衛生状態に問題があるのですね。

毛抜きを行ってしまいますと、毛穴から様々な細菌類が侵入してしまう事が多いです。それで肌に対するトラブルが発生する確率も高かったのですね。

そしてさらに江戸時代になると、多少は脱毛の方法が変化してきます。いわゆる線香の熱を用いて脱毛が行われる事が多かったのですね。

線香の先端部分は、当然ですが熱を帯びているでしょう。その熱を用いて、ムダ毛を焼く方法が採用されていたのです。

ところがその方法は、当然火傷をするリスクがあります。ですので当時は、その方式で火傷をする方々も多かったのだそうです。

さらに時は流れて、現在ではフラッシュの光やレーザーなどが使われています。上記の方法に比べれば衛生的ですし、随分と安全になっているのですね。昔に比べると、方法も随分と進化したものだと思います。